団体紹介

  • 「団体規約」はこちら→団体規約 (2013年9月、スタッフの増員と今後の一層の拡大を視野に入れて、規約を改訂)
  • 「沿革」はこちら→沿革
  • 「会計報告」はこちら→会計報告
  • 「スタッフ紹介」はこちら→スタッフ紹介
  • 新聞等に掲載された記事はこちら→メディア掲載

レインボー金沢ってどんな団体?

「レインボー金沢」は、金沢市とその近郊に暮らす、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)のための団体です。

 

セクシュアル・マイノリティは人口の約5%いると言われています。 金沢市の人口は約46万人。ということは、2万人以上のセクシュアル・マイノリティが金沢市で生活している計算になります。

 

でも、「自分はセクシュアル・マイノリティに会ったことがない」と思っている人はきっとたくさんいるでしょう。多くのセクシュアル・マイノリティが、差別や偏見をおそれ、自分らしく生きることができていない現状があります。

 

わたしたちは、社会的に存在を見えなくされているセクシュアル・マイノリティを応援します。

レインボー金沢って何をやっているの?

1.交流会: 金沢市内でセクシュアル・マイノリティ当事者のための交流会を定期的に開催しています(約3ヶ月に1度、年4回程度)。当事者の方に、安心して楽しい時間をすごしながら仲間とつながり、気軽に相談もできる場を提供しています。


2.アドボカシー: 政府や石川県・金沢市・議員等に対して、セクシュアル・マイノリティを取り巻く施策の提案・改善のため様々な働きかけを行なっています。

3.情報発信・啓発: ウェブサイトで当事者向けの情報はもちろん、「保護者や教師の方たちに役立つ資料」など、周囲の方にも役立つ情報を紹介しています。またツイッターやメルマガで、最近の活動内容や関連情報を発信しています(右の欄をご覧下さい)。

4.関連団体との連携:全国各地の関連団体等と情報交換や勉強会を行い、協力して活動を進めています。2015年春には「LGBT法連合会」の設立に加わり、困難を抱えているセクシュアル・マイノリティに対する差別禁止と支援のための法整備を求めて共同で取り組んでいます。

いろんな生き方、あるげんよ!

「レインボー金沢」は、この言葉をキャッチコピーに活動しています。
「あるげんよ!」とは金沢弁で、「あるんだよ!」という意味です。
当事者との交流を通して、自分にもっともっと誇りをもってほしい、
という願いがこめられています。

「レインボー金沢」は、 金沢市とその近郊に住むセクシュアル・マイノリティのための団体です。

  

  詳細はこちら→団体紹介

 

  About Us  (English) 

Mail Magazine

レインボー金沢☆メルマガ (無料)


読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

Leaflet & Flyer

多くの方に知っていただくため、掲示・配布にもご協力いただけるとありがたいです。

レインボー金沢リーフレット
(A4サイズ両面 三つ折り)
リーフレット201611.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 525.6 KB
交流会フライヤー
レインボー金沢_フライヤーA4_1枚.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 220.7 KB

Staff

現在、スタッフ5名と当日スタッフで運営しています。

スタッフ紹介

Circle

■金沢を中心にした学生主催のLGBTサークル「colorful」

金沢医科大学のセクマイサークル

 

Twitter:@kmu_utinada
Mail:kmu.utinada@gmail.com

Twitter

マスコミ報道や他団体の情報も速報

  @RainbowKanazawa

 (詳しくはこちらを;画像や下記以外の情報も掲載;リツイート歓迎)

<最近の情報>